バストの悩みとhgh

女性にとってバストの大きさというものが非常に悩ましいことなのです。



下着やエクササイズ、サプリメントやバストアップの器具、そして究極は豊胸手術です。



何とかしてバストを大きくしようと考えているのです。



いろいろな方法があると言うことは、決定的な解決ができないと言うことです。



女性にとっていかに大きな問題であるかわかるでしょう。



バストの成長の仕組みについて考えてみましょう。



女性が成長期を迎えると体の中では「ラクトゲン受容体」というものが乳腺にできてきます。



そして、このラクトゲン受容体にhgh(ヒト成長ホルモン)が作用することによって、バストが大きくなっていくのです。



つまりバストが大きくなるためには、ラクトゲン受容体とhghの両方が必要なのです。



どちらも年齢によって変化していきます。



ラクトゲン受容体は思春期を過ぎるころにできあがってきます。



それに対してhghの分泌量は20歳までにピークを過ぎてしまいます。



ラクトゲン受容体のできあがりまで、hghのピークが維持されていれば、バストは大きくなるのです。



ラクトゲン受容体はhghのように減少するものではありません。



したがって、hghを分泌させることができれば、バストが十分に成長しなかった人でも、大人になってから大きく成長させる可能性があるのです。



成長期とラクトゲン受容体の成熟のタイミングがずれているだけですから、hghの促進に期待できるのです。