筋肉の悩みをhghで解決

オリンピックではhgh(ヒト成長ホルモン)はドーピングの対象になっています。



つまり、hghが筋肉増強に大きくかかわっていると言うことです。



もちろん、このことはトレーニングをしている人にとっては常識なのです。



筋肉をつけると言うことはどのような仕組みでしょうか。



激しいトレーニングをすると筋肉が傷つきます。



その傷を回復させることによって、筋肉は増強していくのです。



その回復にhghが大きな役割を果たすのです。



具体的にはタンパク質の合成により筋肉の修復を促進します。



多くの人がトレーニング時にやっていることとして、プロテインやスポーツドリンクを飲んでいます。



これは筋肉の材料となるたんぱく質やアミノ酸を補給する役割があります。



しかし、hghの分泌が増えなければ筋肉の材料だけでは筋肉をつけて、目に見える形でトレーニングの成果を出すことはできないのです。



hghの分泌量が減少するとどうなるのでしょうか。



筋肉が少なることはもちろんですが、体力が低下し疲れやすくなることや疲労の回復が遅くなるようになります。



基礎代謝量の減少によって体脂肪率が上昇します。



トレーニングによって筋肉をつけるためにはhghの増加は必須の条件なのです。