HGHと副作用

病院にかかって薬を処方された場合、医師を信頼して、与えられた薬を迷いもなく飲むことでしょう。



しかし、すべての薬には何らかの副作用があると考えるべきでしょう。



肝心なのは、その副作用よりもメリットの方が大きいことが大事なのです。



わかりやすい例で言えば、風邪薬です。



風邪薬を飲むと眠くなるのですが、それは風邪の症状を改善するためにやむを得ないのです。



もっと端的な例では抗ガン剤です。



がんの治療をするために使用しますが、副作用として髪の毛が抜けてしまうのです。



それでも多くの人が抗ガン剤を使用することを選択しています。



HGH(ヒト成長ホルモン)の注射にも副作用はあります。



禁忌(使用してはいけない)としては以下のようなものがあります。



  1. 1.糖尿病の患者[成長ホルモンが抗インスリン様作用を有するため。]




  2. 2.悪性腫瘍のある患者[成長ホルモンが細胞増殖作用を有するため。]




  3. 3.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人




  4. 4.プラダーウィリー症候群の患者のうち、高度な肥満又は重篤な呼吸器障害のある患者




成長ホルモンの注射に対し、利用しすぎるとアゴが伸びたりする巨人症になるのではと考える方が多いようです。



しかし実際には注射剤で、巨人症になることはほとんどありません。



これは投与される薬剤の量によるものかと思われます。



巨人症になるためには、注射による投与の数十倍の量を毎日摂取する必要があります。



巨人症の心配をするよりは、むしろ上に記載した禁忌のうちの2番目、悪性腫瘍に対する副作用を注意するべきでしょう。



実際には気が付いていないけれども、実は腫瘍があり、成長ホルモンの副作用で腫瘍が大きくなってしまう可能性はあります。



それが悪性の腫瘍であれば非常に危険なことになります。



そのため、成長ホルモンを投与する前には、悪性腫瘍が体内にないか、しっかりと検査を行う必要があります。



最近HGH(ヒト成長ホルモン)を低身長症という病気以外に使うケースが世界的に増えてきました。



美容目的で身長を伸ばしたり、ボディビルディングのために成長ホルモンを利用するケースなどです。



それ以外にも体を若々しく健康に保つための働きにも利用されています。




人には老化現象というものがあります。



老化にはHGHの減少が関係していることがわかってきました。



HGHが10代後半でピークを迎え、それ以降は急激に減少していくことによって老化が始まるのです。



そのことから、HGHを体外から補充したり、分泌を促進したりすることによって、老化を防ぎ若い体を取り戻すことができると考えられるのです。



これこそがHGHが世界中で注目を集めている理由なのでしょう。



近年HGH(ヒト成長ホルモン)に関する商品はたくさん販売されています。



注射や舌下粘膜へのスプレーで体内に直接投与する方法や、HGHを補うのではなく分泌を促進させるためのサプリメントがあります。



形や方法は違っていても、HGH(ヒト成長ホルモン)を増やすという目的は同じです。



当社では外部から成長ホルモンを摂取する注射やスプレーではない方法を提案しています。



成長ホルモンの分泌に関する試験を応用したものなのですが、具体的な方法に関しては説明が長くなりますので、こちらをご覧ください