HGHホルモン注射と副作用

HGH(ヒト成長ホルモン)の不足を改善する一番の方法はホルモン注射です。



直接体内にHGHを送り込むことができるからです。



この方法は低身長症の治療のために用いられてきたものです。



しかし、最近ではアンチエイジングへのHGHの効果が注目を集めていることから、アンチエイジング目的の注射も増えているようです。



成長ホルモン注射は効果も大きいでしょうが、その副作用もあるのではないかと不安に思っている人もいます。



体内にHGHを直接投与することの弊害を心配しているのです。



低身長症の治療は子どもに対して行われます。



その親には副作用に対する心配が根強いと言われています。



しかしながら、成長ホルモン注射での副作用はまず心配する必要はありません。



まれに注射の初期において、頭痛を訴える子どもがいます。



しかし、それも自然と解消されるようです。



また、低身長症の治療において骨や関節に痛みを感じることがあります。



これは副作用ではなく「成長痛」と呼ばれるものであり、逆に治療の効果が上がっていることを示すものと考えていいでしょう

もっと稀な症状として、糖尿病、ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症などの可能性が考えられます。



また、現在では因果関係が否定されていますが、成長ホルモン注射によって、白血病の発症率が高くなると言われていました。