HGHスプレー等と副作用

HGH(ヒト成長ホルモン)の不足を補う方法としては、ホルモン注射以外に舌下粘膜へのスプレーや経口摂取のサプリメントがあります。



ホルモン注射以外の方法は費用も安く済みます。



インターネットなどで販売されていることもあり、気軽に入手できるのです。



大半はアンチエイジングを目的とした商品です。



服用することは気軽にできるのですが、HGH(ヒト成長ホルモン)の働きが重要であることから、その副作用を心配する人が多いのも事実です。



しかしながら、その副作用を心配するような事例はありません。



ホルモン注射に比べて安価なのはHGH(ヒト成長ホルモン)の摂取が微量だからです。



つまり、舌下粘膜へのスプレーや経口摂取では十分なHGHの補給が難しいということなのです。



それでは期待ほどの効果がないのではないかと考える人もいるでしょう。



HGHの過剰摂取などに至ることはあり得ないと考えていいのです。



もちろん、商品毎に決められた摂取量を超えて使用することはできませんから注意が必要です。



商品に記載されている副作用についての注意事項もばらつきがあります。



「副作用の心配はない」とか「副作用は報告されていない」という表現が多いのですが、眠気や頭痛、ふらつきなどがあるとされているものもあります。



いずれにしても深刻な副作用はありませんから、心配する必要はないでしょう。