HGH分泌促進サプリと副作用

HGH(ヒト成長ホルモン)の効果が広く知られるようになってから、数多くのサプリメントが開発、販売されるようになりました。



大きく分けると舌下スプレーや経口摂取サプリメントなどのHGHそのものを直接摂取するタイプとHGH分泌を促進させるサプリメントに分けられます。



後者の方は自分の体内の機能によってHGHを作り出すという点が利用者にとって安心できることなのでしょう。



脳下垂体の機能を補完するだけですから、副作用などの心配が少ないのです。



HGH分泌促進サプリメントはたくさんの種類が販売されていますが、副作用の心配はないと考えられています。



一部の商品では接種後の頭痛や吐き気がごくまれに発生すると記載していますから、まったく副作用がないとは言えません。



ただ、それは軽微な副作用ですから、心配することはないでしょう。



HGH分泌方による疾患として、巨人症や末端肥大症がありますが、そのような深刻なことは考えなくていいのです。



アルギニンはHGHの分泌促進作用のあるアミノ酸として、有名なものです。



サこのアルギニンを利用してHGH分泌促進サプリメントが商品化されていることが多いようです。



アルギニンの過剰摂取には副作用が報告されています。



下痢を引き起こしたり、腎臓疾患を持っている人の負担が大きかったりするのです。



サプリメントの利用は自己責任なのですから、用法・用量を守ることが大事です。



持病のある人は医師に相談すべきでしょう。