副作用とは何か

HGHのサプリメントに限らずに副作用と言うことについて考えてみましょう。



副作用の言葉の意味は本来の目的以外の作用のことを言います。



例えば風邪薬を飲むと「眠気」が起こりますが、それを副作用と言います。



風邪薬は風邪の症状を治すことを目的としているからです。



「薬を飲み過ぎて胃が荒れる」と言うこともよく聞きますね。



これも副作用の一つと考えていいでしょう。



薬を飲むことによる弊害が生じることを副作用と呼んでいると考えて間違いではないでしょう。



実際の副作用の起こり方は予測しない作用として表れるケースと、薬が効きすぎて現われるケースがあります。



理想的な薬ならば治したいところだけに効いてくれればいいのです。



薬を体内に入れるということは血管を伝わって体全体に行きわたりますから、他の場所で思いがけない副作用となってしまうのです。



薬の反応が強すぎることもあります。



体にとって負担となってしまうのです。



例えば糖尿病の薬が強すぎると低血糖となってしまうことがありますね。



薬は使用方法を誤ると逆に毒となるケースもあります。



また、健康な人ならば薬として有効なのですが、疾患を持つ人にとっては毒となることもよくある話なのです。



また、複数の薬による複合作用もあります。



飲み合わせの問題です。



つまり、効能と副作用は表裏一体、紙一重なのです。



薬やサプリメントでは常に考えておかなければなりません。