HGHの分泌と身体の関係を知っておきたい

脳下垂体から分泌されるHGH(ヒト成長ホルモン)は、骨を大きくして身長を伸ばし、筋肉を合成するなど、成長を左右する要となるホルモンです。



生まれてから成長期にかけて、絶対に必要なホルモンです。



特に、成長期に分泌が最も増えるホルモンでしょう。



一般的に、10代後半頃がHGH(ヒト成長ホルモン)の分泌の最盛期で、身体の成長が一段落した20代以降は、分泌量が低下する一方になります。



その後、40代で最盛時の2分の1、80代では20分の1にまでその量は低下してしまいます。




とはいえ、成長ホルモンは、美しさや健康、若さをキープするために、成長期を終えた場合でも、人間の身体に様々な影響をもたらします。



具体的に言うと、脂肪を分解する、肌にハリと潤いをもたらす、筋力や免疫力を向上させる、コレステロール値を正常に保つなどです。



そもそも、年齢を重ねると成長ホルモンの減少するために、皮膚のたるみが気になったり、身体が弱ってきたり、肥満傾向になったりするのです。



最近、ダイエットや美容のためにサプリメントを服用している人が増えています。




ですが、思い出していただきたいのは、赤ちゃんはサプリなんて飲まなくても肌すべすべです。



若い頃は身体が強く元気で、サプリや薬なんて一切必要なかったでしょう。



お腹いっぱい食べても太りにくい体質ではなかったでしょうか?それは、このHGH(ヒト成長ホルモン)の分泌が盛んだったからに他なりません。