HGHが美しい肌を作る決め手

美しい肌を作るといわれるHGH(ヒト成長ホルモン)。



HGH(ヒト成長ホルモン)は細胞の働きを高めて、皮膚の再生能力を向上させます。



10代の頃は、肌が少しくらい疲れていてもたちまち回復していたと思います。




それは、成長ホルモンの分泌量が多く、皮膚の新陳代謝が活発に行われていたからに他なりません。



同時に、HGH(ヒト成長ホルモン)の働きには、皮膚にみずみずしさハリをもたらすというものもあります。



肌のみずみずしさとハリには、肌の水分保有率というものが強く影響を与えています。



肌の水分保有率を年齢に沿って解説すると、赤ちゃんの肌は89パーセント、20歳で68パーセント、30歳で45パーセント、50歳で32パーセント、60歳で18パーセントと、年をとればとるほど急速に低下していくのがわかるでしょう。




皮膚の水分保有率が年齢に応じて低下してしまう理由は、皮膚内部のヒアルロン酸やコラーゲンなどの保水成分が減ってしまうからです。



ヒアルロン酸やコラーゲンが減少すると肌の老化が加速されることはよく知られていると思います。



それを補填するためのサプリメントや化粧品や多く開発されています。



けれども、このヒアルロン酸やコラーゲンを取り込むためには、成長ホルモンが欠かせません。




成長ホルモンが十分に分泌されないと、コラーゲンやヒアルロン酸をどれほど補っても、効果的に取り込めませんから、美肌効果も大して期待することはできないでしょう。