子供の身長とHGHサプリメントの関係

生まれつき、または後天的原因によって、成長期に、HGH(ヒト成長ホルモン)の分泌がひどく滞ってしまうと、低身長と呼ばれる症状を引き起こす恐れがあります。




同年代の子と比べて極端に身長が低かったり、また、身長が伸びにくい場合などは気をつけたいところです。



「同性、同年齢、同月齢の平均身長より、−2標準偏差以下」という状況であれば、医学的な低身長に該当します。



例えば、同じ生年月日日の子供が100人並んだとき、前から2〜3番目くらいまでの子供が当てはまります。



一般的には同じクラスの子供と比べて著しく低い状態です。



わが国では、成長ホルモン注射による治療が保険で認められるのは、医学的に低身長と認められ、なおかつHGH(ヒト成長ホルモン)を補う治療方法が効果的であるとみなされた場合に限ります。




しかし、身長が伸びなくて気にしている多くの子どもたちは、このホルモン注射による治療の対象にはならないのです。



そういった子供たちの多くが利用するのが、HGH分泌促進サプリメントです。




その存在はたいへん有意義なものと言えそうです。



HGH関連のサプリメントは、医学的定義からはずれたところで低身長に悩む子供たちや、身長が高いとメリットのあるスポーツをしている子供たち、アイドルやモデルに憧れる子供たちの可能性を広げてくれるでしょう。