IGF-1とは何か

前述したようにIGF-1はインスリン様成長因子-1、別名ソマトメジンCと呼ばれます。



インスリンは糖尿病の治療薬として使用されるものです。



ポピュラーなものですから、ご存知の方も多いでしょう。



糖尿病ではこのインスリンを注射で補う治療が行われています。



化学的な構造がインスリンと似ていることから、インスリン様成長因子と呼ばれているのですが、全くの別物です。



IFG-1はヒト成長ホルモン(HGH)から生成されます。



人体組織のすべての部位に存在しています。



母乳や唾液と言った液体中にもあることがわかっています。



ヒト成長ホルモンの実質的な効果はIGF-1を介して行われます。



IGF-1の働きを見てみましょう。



骨の成長を促進させるだけではありません。



筋肉を作り、細胞を健康な状態に保ち、老化を抑える機能を持っています。



この作用から、身長を伸ばすことだけではなく、アンチエイジングの効果に対する期待が高まっているのです。



ヒト成長ホルモンへの期待はIGF-1への期待なのです。



IGF-1の作用は体中のすべての細胞に及ぼしますが、特に骨、筋肉、肝臓、腎臓、神経、皮膚などが顕著と言われています。