IGF-1の数値かわかること

ヒト成長ホルモンはIGF-1を生成します。



つまり、ヒト成長ホルモンの分泌を知りたければ、IGF-1の濃度を測定することが確実なのです。



実際に医学の現場ではヒト成長ホルモンの分泌不全を知るための検査として、IGF-1の測定が利用されています。



その理由としてはヒト成長ホルモンが時間や状態に大きく左右されるのに対して、IGF-1はそれらの影響をほとんど受けないからです。



測定した値が安定していることは異常を知るうえで重要なのです。



ヒト成長ホルモン分泌不全によって低身長症となった人の場合はIGF-1の値は低くなります。



ヒト成長ホルモンがIGF-1を作るのですから、当然の結果と言えます。



IGF-1が低い病気としてはその他に下垂体性機能低下症、肝硬変、甲状腺機能低下症、思春期遅発症などがあります。



IGF-1が高くなるものとしては、末端肥大症があります。



それから妊娠初期の女性はIGF-1が低くなりますが、時間とともに再び増加します。



飢餓や低栄養でも低くなります。



IGF-1の測定は血液検査によって行われます。



特に低身長症の疑いのある場合は必ずIGF-1の血液検査を行います。



低値であれば、ヒト成長ホルモン分泌不全を疑わなければなりません。