IGF-1のアンチエイジング効果

ヒト成長ホルモンの役割としては、細胞の働きを活発化させて新陳代謝を高めますし、筋肉を作る作用もあります。



これらのことからアンチエイジング効果の期待があるのです。



肌の張りを取り戻したり、筋力をアップさせたり、疲れにくい体を作るのです。



若返りができると言うことです。



ヒト成長ホルモンへの期待はそのままIGF-1への期待となります。



アンチエイジングの鍵と注目されているのです。



IGF-1の働きは、細胞を健康に保ち、老化の進行を抑えることです。



それから育毛効果もあると言われています。




もちろん、ヒト成長ホルモンが加齢とともに減少していくのですから、IGF-1も比例して分泌量が減少します。



外国では注射によってIGF-1を補うと言うことが行われています。



アンチエイジングの切り札と言えるのです。



「鹿の角」は漢方薬として貴重なものと考えられてきました。



特に鹿茸(ろくじょう)という雄鹿の幼角は貴重です。



滋養強壮の効果があるために中国では「不死の神薬」と呼ばれているのです。



IGF-1が鹿茸には豊富に含まれていることがわかっています。



古来の人はアンチエイジング効果を知っていたのでしょうか。




現在市販されているIGF-1関連商品では鹿の角のIGF-1を抽出したものが使われているものが多いと言われています。