IGF-1で身長が伸びる

ヒト成長ホルモン(HGH)の作用によって、人間の身長は伸びていきます。



「寝る子は育つ」という昔からのことわざがありますが、ヒト成長ホルモンの分泌を知れば、それが真実であると言えるでしょう。



睡眠中に分泌が盛んになるからです。



しかし、ヒト成長ホルモンが骨の成長に直接かかわっているわけではありません。



肝臓から分泌されるIGF-1が軟骨細胞を増殖させることで身長が伸びていきます。



その役割を知ることは大事なことです。



それぞれの物質が不足する理由を調べる時のためなのです。




つまり、ヒト成長ホルモンの分泌不全でなくても、IGF-1の分泌が少ない場合は身長が伸びません。



肝臓に異常があるケースも考えられるのです。



現代における低身長の治療は成長ホルモンを投与することが一般的です。



注射でヒト成長ホルモンを投与しているのです。



注射を行えない子供の場合にはサプリメントを利用します。



ヒト成長ホルモンの分泌を促進するサプリメントです。



それと同じようにIGF-1を使った治療法もあります。



IGF-1を腹部に注射することで治療を行います。



ヒト成長ホルモン注射で効果がない場合の低身長症のケースがあるのです。



しかし、IGF-1による治療には高額な治療費が必要とされています。