アルギニンと成長ホルモンの関係

成長ホルモンはその名の通り、人間の成長に大きくかかわっています。



これは周知の事実です。



この成長ホルモンの作用によって、身長を伸ばしたり、筋肉を作ったり、肌を再生したりすることができます。



成長と細胞の再生の要なのです。



人が生きていくと言うこと、つまり健康であること、若さを保つと言うことの重要な要素なのです。



こう考えますと、その効果によって肌を若返らせるとか、筋肉をアップさせるとか、ダイエット効果、バストアップなどを期待できるのです。



これらは成長ホルモンによって実現できることなのです。



ところが成長ホルモンの分泌量は10代後半でピークを迎えてしまいます。



その後は一生かかって減少していくのです。



まさに成長期と呼ばれる時期があるのです。



その時期に十分な配慮をしておかなければ、分泌量が減少します。



睡眠不足や運動不足、バランスの悪い食生活、そして多大なストレスなどが原因となります。



成長ホルモンの減少は大人にとっては「老化」現象にほかなりません。



それが子供であれば十分な成長ができないことになりますから、非常に問題と言えるのです

成長ホルモンは人間の体にとって、重要な役割を担っていることはお分かりいただけたでしょうか。



その分泌量を増やすための研究が多くの人によって行われてきました。



減少させる要因である、睡眠、運動、食事などを研究によって最近わかってきたことがあります。



それは「アルギニン」という栄養素が成長ホルモンと密接な関わりを持っていることです。



脳下垂体に作用するアミノ酸として「アルギニン」があります。



成長ホルモンの分泌を促すのです。



医療用としてアルギニンは使用されてきました。



成長ホルモンの分泌を試験するときに使われていたのです。



アルギニンが成長ホルモンの分泌促進に効果があることはほぼ間違いないと考えられます。



一日に9グラム程度を摂取すれば、成長ホルモンの分泌量は4倍にもなると言われています。



成長ホルモンの分泌をよくするためにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。



一般的には睡眠や運動に対する注意です。



その理由は成長ホルモンの分泌が「睡眠中」と「運動の後」であることがわかっているからです。



22時から翌2時までが成長ホルモンの分泌が活発になると言われています。



この時に十分な睡眠を取れるかどうかが重要なのです。



ノンレム睡眠、つまり深い睡眠によってホルモンの分泌は促進されます。




それから運動も有効な要素ですから、適度な運動が不可欠と言えます。



通常の運動よりも加圧トレーニングと呼ばれる方法ならば、成長ホルモンの分泌量はさらに増加すると言われています。



もちろん、睡眠や運動だけで十分なわけではありません。



ホルモンの分泌には十分な栄養が必要であることを忘れてはいけません。



成長ホルモンの原料は191個のアミノ酸なのです。



これらの材料が体内になければ、成長ホルモンの分泌は不可能なのです。



したがって、「睡眠」「運動」に加えて、「食事」「栄養」が十分そろってこそ、成長ホルモンの分泌ができるのです。




アミノ酸の中でもアルギニンが注目されています。



成長ホルモンの原料であると同時に、脳下垂体に作用して成長ホルモンの分泌を促進させます。



それだけではなく成長ホルモンの減少を抑制する作用があるのです。



「栄養」「食事」を考える時にアルギニンという栄養素に注目することが成長ホルモン促進の鍵と言えるのです。



今回の説明は成長ホルモンの分泌の鍵ともいえるアルギニンについて紹介します。



アルギニンの効能がどのようなものであるか、アルギニンを摂取する方法などです。



自分の子供の成長を願うとともに、自分の健康と若さを保つために、アルギニンに関する知識を持っておくことが役に立つのではないでしょうか。