成長ホルモン分泌を促進するアミノ酸とは

アミノ酸によって成長ホルモンは作られます。



正確には191個のアミノ酸を原料としているのです。



そのメインとなるのがアルギニンであり、グルタミン、リジンなのです。



成長ホルモンの分泌を促す機能を持ったアミノ酸というものがあります。



それを紹介してみましょう。



この記事で取り上げているアルギニンもそうです。



アルギニンは脳下垂体に作用します。



成長ホルモンの分泌を促進するのです。



多数のアミノ酸の中でも要と考えられているものです。



それから、アンモニアの解毒にも役割を果たしています。



オルニチン(尿素)と協力して血流を改善するのです。



それからオルニチンを説明しましょう。



アルギニンと同じように脳下垂体に働きかけて成長ホルモンの分泌を促進します。



それ以外に、オルニチン回路を活性化することによって、肝臓のアンモニア代謝を促進したり、免疫力を向上させたり、ポリアミンという細胞増殖因子の量を増やす働きがあります。



必須アミノ酸のひとつであるメチオニンはコレステロールを下げたり、肝臓機能の改善をしたり、免疫力を高めたりします。



グルタミンは筋肉の中に豊富に存在します。



筋肉疲労の回復を早める機能や、ストレスを軽減する作用があります。



グルタミンの名前はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。



このグルタミンにも成長ホルモンの分泌を促進する働きがあります。