ソマトスタチンの増加と成長ホルモンの関係

成長ホルモンは人間の成長を始めとして、健康や美容に関して重要な役割を持っていることがわかっています。



しかし、残念なことに10代後半をピークとして20代を越えると急激に減少します。



40代では実に半分まで減少します。



この現象の理由は何なのでしょうか。



「天然抑制因子ソマトスタチンの増加」が成長ホルモン減少の理由の一つと考えられています。



このソマトスタチンは成長ホルモンの分泌を抑制する働きを持ちますが、歳を重ねるにしたがって増加する性質を持っているのです。



「老化現象」の鍵の一つとして、このソマトスタチンがあると言うことなのです。



当然ながら、このソマトスタチンを何とかして、老化を防ぐことができないかと多くの人が考えています。



そして一部のアミノ酸の中にはソマトスタチンの働きを抑えるものが発見されたのです。



このアミノ酸を使えば成長ホルモン分泌の減少を防ぐことができます。



この老化を防ぐと言う夢のようなアミノ酸とは何でしょうか。



代表的なものが「アルギニン」です。



もちろん、これだけではありません。



アルギニンの他に、グルタミンやリジンも同じような効果があります。



ソマトスタチンの働きを抑えるとともに、脳下垂体に作用して、成長ホルモンの分泌を促進させるのです。