アルギニンの効能

アルギニンの効果は広く知られており、実際の医療現場でも使用されています。



成長ホルモンの分泌を促進させるアミノ酸として、アルギニンは非常に注目を集めていると言うことです。



もちろん、アルギニンの役割はそれだけではありません。



他の機能を紹介しましょう

一酸化窒素への作用です。



アルギニンは一酸化窒素を生成します。



この一酸化窒素は重要な役割があります。



血管を広げて血液の凝固を防ぎ血液の流れをよくします。



結果として動脈硬化や脳梗塞にならない血管を作ってくれるのです。



それから、記憶力の低下を抑えたり、骨を強くしたり、胃腸の働きを改善する機能もあります

それから糖化抑制作用があります。



アルギニンの糖化抑制によって、老化や糖尿病合併症、動脈硬化を防ぐことができるのです。



たんぱく質、脂質、遺伝子などにブドウ糖が結合することを糖化と言いますが、これによって内臓の各部の働きが弱められるのです。



糖化を防ぐことで、老化や動脈硬化だけではなく、肌のシミ・シワも防ぐことになるのです

インスリンの分泌促進とインスリンの働きを高める作用もあります。



免疫力向上、鎮静作用もあります。



アルギニンのたくさんの機能は老化防止に関して大きな期待が寄せられているのです。