アルギニンを含む食品

アルギニンを含む食品を考えてみましょう。



代表としては大豆食品、肉類、魚介類などたんぱく質を多く含む食品が挙げられます。



アルギニンを含む食品は意外とたくさんあるのです。



それならば摂取は容易と思いますよね。



しかし、現実にはアルギニンの摂取量は不足しているのです。



具体的にアルギニンを含む量を見てみましょう。



大豆食品の中でも高野豆腐が一番多く含んでいます。



100g中には高野豆腐は4200mgですが、味噌は910mg、納豆は940mg、大豆は2800mgとなっています。



高野豆腐がダントツなのです。




高野豆腐のアルギニンを有効に活用するためには、ビタミンB6を一緒に取ることがいいようです。



アルギニンを体内で合成してくれるのです。



ビタミンB6は海苔に多く含まれています。



肉では鶏肉に多くのアルギニンが含まれています。



鶏肉でアルギニンを摂ろうとするのであれば、脂肪の酸化に注意する必要があります。



アルギニンの働きを妨害してしまうからです。



その対策としては醤油を使うといいようです。



酸化が抑制されるのです。



アルギニンの話ではないですが、オルニチンも成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸として注目されています。



しじみに多く含まれており、醤油味チキンソテー、高野豆腐と野菜の煮物、海苔の佃煮、しじみの味噌汁、ご飯というメニューが最適と言えるでしょう。