アルギニンと一酸化窒素の関係

アルギニンが私達の身体にもたらす様々な効果の一つに一酸化窒素産生促進作用があります。



この作用は私達の健康に大きな効果が期待される作用でもあるのです。



ここではアルギニンの一酸化窒素産生促進作用について取り上げてみましょう。




アルギニンは体内で一酸化窒素を生成するのですが、この一酸化窒素は私達の体内で重要な役割を発揮する成分です。



一酸化窒素は血管を拡張して血液の凝固を防ぎ、血流をよくする効果があります。



これによって動脈硬化などの血管に関係する病気を予防する事が期待出来ます。



またそれによって心筋梗塞など生活習慣病の予防も期待出来るのです。



この他にも一酸化窒素には様々な効果がありますが、骨を強くしたり胃の粘膜や肝細胞を保護したりする役割もあると言われています。




また一酸化窒素の効果の一つに抗酸化作用がありますが、この抗酸化作用は痴呆の改善にも効果があると言われているのです。



これは抗酸化作用によって学習能力や記憶力の低下が抑制されるからと言われています。



この様に様々なよい影響を体内で与える一酸化窒素ですが、この産生を増加させる役割を持っているのがアルギニンなのです。



アルギニンを積極的に摂取する事で、体内で様々なよい影響をもたらしてくれるのです。



アルギニンの効果はアンチエイジングだけにとどまらず、様々な効果があるという訳ですね。