アルギニンでアンチエイジングを

アルギニンの持つ効果にはアンチエイジングに大変効果があるといわれ、サプリメントの中でも今注目されている栄養といってもいいでしょう。



アルギニンの持つ体内での作用とはどんなものがあるのでしょうか。




アルギニンには注目されている大きな3つの作用があります。



これらがアンチエイジングにとても効果があると言われているのです。



まず成長ホルモンの分泌を促す「成長ホルモン分泌促進作用」がありますが、成長ホルモンの分泌を促す事で、代謝のよい体作りに作用したり骨を強くしたり筋肉を作る作用に貢献してくれます。



成長ホルモンの分泌は成人になると少なくなり、その為老化現象が進むとも言われている為、このアルギニンが持つ成長ホルモン分泌促進作用は老化の抑制に繋がるという訳なのです。




次に注目すべき作用は一酸化窒素産生促進作用でしょう。



アルギニンを摂取する事で、体内に一酸化窒素を生成してくれます。



一酸化窒素は体内で血流を良好にし、学習能力や記憶力の低下を抑制する働きを持つと言われています。



老化によって起こる様々な病気やトラブルを予防してくれるのが一酸化窒素の役割といってもいいでしょう。




アルギニンの持つ三つ目の効果は、糖化抑制作用です。



体内でたんぱく質や脂質、遺伝子などに問うが結合する現象を糖化といいます。



この糖化が起こる事で、老化や老化に関する動脈効果や糖尿病合併症などの様々な病気や体の異常や不調が引き起こされるのです。



アルギニンを摂取していく事で、この糖化を抑制する効果を得る事が出来ます。




この様に様々なアンチエイジングに効果のある作用がアルギニンにはあるのです。



積極的に摂取し老化を抑制していきましょう。