アルギニンの成長ホルモンの関係

アルギニンにはアンチエイジングに大変効果のある作用があると先述しました。



有名なのは、成長ホルモン分泌促進作用、一酸化窒素産生促進作用、糖化抑制作用の三つではないでしょうか。




中でも注目されているのは成長ホルモン分泌促進作用でしょう。



成長ホルモンは成人になるとその分泌量が著しく少なくなってしまいます。



40代になると分泌のピーク時と比較してなんと半分にまで減少するのだそうです。



成長ホルモンと聞くと身長を高くする為に必要なものと思われがちですが、細胞の働きを活性化させたり、ヒアルロン酸やコラーゲンを取り入れて皮膚の水分保湿に一役買ったりと、成人してもなお私達の体内に必要なものとなっているのです。



また代謝をよくする作用もありますので、成長ホルモンは成人しても私たちの体内で必要不可欠な存在であるといえます。



成長ホルモンの分泌を促すことで、老化を抑制する効果が期待出来るのです。



また代謝をよくしてくれる働きもありますので、基礎代謝をアップし肥満体になりにくい体を作る事にも貢献してくれます。




アルギニンの摂取は、低身長などでホルモン治療を行っている子供にも推奨されています。



医療現場でもアルギニンの持つ成長ホルモン促進作用は注目されているという訳ですね。



アルギニンは食事などでも摂取する事は可能ですが、一日の必要量を食事で摂取していくのは、やはり大変な作業です。



ストレスなくサプリメント等で摂取するのをオススメします。