アルギニンが持つ副作用

アルギニンは体内で生成されるものですから、サプリメントで摂取しても副作用がないと思っている方も多いのではないでしょうか。



アルギニンだけに係わらず難易でも言えることですが、サプリメントとして摂取する際には用法や用量をしっかりと熟知して引用する事が大事です。



いくら健康にいいとされているサプリメントでも用法用量を間違えると病気に繋がってしまう場合もあるのです。




ここではアルギニンの摂取法や副作用について取り上げてみましょう。



アルギニンサプリメントを引用する場合には、持病を持っている方等は一度医師に相談する事をオススメします。



肝臓の悪い方や腎臓の機能が低下している方が、過剰に摂取すると肝臓や腎臓にダメージを与え病気へと発展してしまうケースもあるのだそうです。



心配な方は一度医師へ相談してみましょう。




また今自分が服用している医薬品との相性もある様です。



普段服用している薬がある場合には、一度医師に相談する事が大事です。



インシュリンの血糖降下作用を強めてしまったり、ニトログリセリンなどの硝酸薬を服用していると血圧が下がりすぎてしまうなどといったケースが発症する場合があるのです。




成長期の子供が大量にアルギニンを摂取するのもオススメ出来ません。



成長ホルモンの分泌を異常に高めてしまい、巨人症といった病気が発症するケースもあるのです。



この様に用量や用法をしっかりと守って摂取しないと、様々な副作用がおこる可能性もあるのです。



体にいいサプリメントだからといってたくさん飲めばいいという訳ではありません。



自分に必要な分だけ飲む事が大事なのです。