ちびってそんなに悪いもの?

子供の頃にちびとからかわれた記憶がある方は多いのではないでしょうか。



ちび、といえば、からかったりバカにしたりするポピュラーな言葉です。



自分が言われたこともいった事もなくても、一度は耳にしたことがあるでしょう。



もちろんからかう言葉以外でもちびという言葉はよく使われます。



ちびイコール身長が低いという事でもありますが、小さくてかわいいという様に捉える方も多いようです。



ちびという言葉には色んな考えがある様です。




とはいえ、身長が低いことに対してコンプレックスを強く持っている人に「ちび」といえば、やはり心が傷ついてしまうものです。



嫌な気分になったり、子供の頃にちびとからかわれて余計に身長に対してコンプレックスを抱いてしまった方もいるのではないでしょうか。



ただ身長の低いことをコンプレックスに思う方は多いものですが、慎重派自分ではどうにもできないもの。



考え方によっては身長が低いことでかわいく見られたり、得をしたりする事もあるはずです。



つまり考え方で身長の低いことがコンプレックスになるのか否かが変わってくるという事になります。




子供の頃に身長が低いことでちびとからかわれ、嫌な思いをしてきた人が思春期の成長期に突入し劇的に身長が高くなったという話はよく耳にするものです。



子供の頃にあれだけ嫌がっていた、身長の低さが今度は高いことでコンプレックスを感じてしまった。



という話もよく聞きます。



女性は特にあまりにも身長が高くなってしまうとそれもコンプレックスに感じてしまうようですね。



ちびも嫌。



のっぽも嫌。



こう考えると人間とは常にないものねだりをする生き物であるという事がわかります。



自分にないからこそ、憧れ強くコンプレックスを抱いてしまうのです。



まして身長の低さや高さは、体重の管理とは違って自分でコントロール出来るものではありません。



それが余計にコンプレックスを駆り立ててしまうのでしょう。




考え方一つで身長に関するコンプレックスを解消できるとはいえ、今まで抱えてきた強いコンプレックスをそう簡単になくすことは難しいものでしょう。



確かにコンプレックスはそれぞれの心の問題ですから、そう簡単に切り替えていけないものですよね。



同じように身長が低くてもそうコンプレックスに感じていない人だって多いものです。



ただコンプレックスがすべて悪いのかといえば、そうでもないのです。



コンプレックスを感じる事で人はそれを克服しようと努力をします。



強いコンプレックスは、人との付き合いを億劫にさせたり、引きこもりがちにさせてしまったりするものではありますが、実は私達が自分を磨くためには必要な事もあるのです。




人はいろんな人がいるからこそ面白いもので、自分には持っていないものを持っているから他人なのです。



身長に関するコンプレックスを解消していく努力は大変なものではあると思いますが、それを克服していく事で、必ず自分を磨くことが出来るはずです。



コンプレックスをうまく活用して今の自分の身長をいかに利用するか、この様に切り替えてコンプレックスを解消してみてはどうでしょうか。



その為の材料はちまたにあふれています。



身長を伸ばす為に日々努力するもよし、身長を高く見せるグッズを利用するのもよし。



周りに目を向けるだけで、様々なことが変わってくるはずです。