身長で感じるコンプレックス

身長に関するコンプレックスを抱いている方は意外に多くいらっしゃいます。



身長に関しては体重管理とは違って、自分では思うように調整する事が出来ないものです。



自分では中々思うようにならないからこそ、強くコンプレックスを抱いてしまうのかもしれませんね。




ダイエット等とは違って、身長は努力した成果は見られません。



その為自分が理想とする身長にならないのが現実です。



成長期には劇的に身長の伸びが見られる時期ではありますが、伸び率には個人差があります。



これ以上身長が高くなりたくないと思っても、身長の伸びを止める事は出来ませんし、ちびだから高くなりたいと願っても思うように伸びを見せてくれないケースもあります。




まして成長期が終わった成人は、どんなに身長を伸ばす努力をしても大幅な伸びは期待できなくなってしまいます。



逆もまた然りでどんなに高くなってしまった身長を小柄にしようとしても無理な話というものです。



この様に努力次第でどうにかなる体重とは違って身長は管理が出来ないものといえるでしょう。



管理できないからこそ強いコンプレックスを感じ、「もっと身長が高くなりたい。



もっと低くなりたい。」と思うのではないでしょうか。




人によって身長への憧れは様々です。



高めの身長がいいと思う人もいれば、低めの身長がいいという人もいます。



ただ自分ではどうする事も出来ないのが身長です。



だからこそコンプレックスに感じてしまう人が多いのでしょう。