身長が低い事はそんなに悪いものなの?

子供時代に「ちび」とからかわれた経験がある方は多いのではないでしょうか。



もちろん子供時代は成長期でもありますから、ちびと言われからかわれた人もその後成人して人並み以上に背が高くなったという話も多いのですが、子供の頃にからかわれた「ちび」のまま、平均身長よりも少し低めで大人になってしまった人もたくさんいらっしゃるかと思います。




背が低いばかりに「ちび」とからかわれ嫌な思いをした方の中は、子供時代の記憶が残り身長への強いコンプレックスを残して成人したという方もいるのではないでしょうか。



またちびと言われた幼少時代を過ごし、成長期に劇的な身長の伸びを見せ、今度は身長が高すぎて嫌な思いをするといった方も案外いらっしゃるかと思います。



こうやってみるとちびの時には高い身長に憧れ、身長が高くなるとちびに憧れる。



人間はないものねだりの生き物だなぁと実感する瞬間でもあります。




確かに人はないものねだりをついついしてしまうものです。



「隣の芝生は青く見える」という諺もありますし、自分に持っていないものに対して強く憧れ自分にコンプレックスを感じてしまうものです。



身長に関するコンプレックスは、個人によってかなり差があるかと思います。



ちびである事を全然気にしていない人もいれば、強くコンプレックスを感じる方もいるでしょう。



こうやってみると考え方次第で、うまくコンプレックスを解消する事も可能なのではないでしょうか。