ヒューマングロースホルモンって何?

ヒューマングロースホルモン(Human Growth Hormone)、この言葉をよく耳にするという方は少ないのではないでしょうか。



ヒト成長ホルモンといえばお分かりいただけるでしょうか。



ヒューマングロースホルモンは私達の体内で分泌されているヒト成長ホルモンのことを言います。



この人成長ホルモンは、私達の体内で分泌されているホルモンお一つですが、最近では様々な作用が注目されているものでもあります。



ヒト成長ホルモンは人間の体内で生成されているホルモンで、脳下垂体から分泌され血液にのって体中にめぐっていき様々な働きをしています。



数あるホルモンの中でも、特に重要な役割を担っているとして最近ではその作用に注目されているのです。




ここではヒューマングロースホルモン、ヒト成長ホルモンについて色々と取り上げています。



最近話題になっているヒト成長ホルモンですから、皆さんご存知かもしれませんが色々な作用や効果を取り上げていきましょう。



ヒト成長ホルモンは主に知られている特性としては成長に関することに作用するという事ではないでしょうか。



成長期である子供時代に多く分泌され身長の伸びに貢献しているホルモンでもあります。



このヒト成長ホルモンの分泌が少ないと、分泌不全が原因で低身長という病気が発症する事もあるのです。



ヒト成長ホルモンの分泌不全での病気では、注射などでヒト成長ホルモンを直接投与して治療を行っていきます。



ヒト成長ホルモンの分泌不全が原因の低身長はこの治療によってかなり改善がみられるといいます。



ただ、治療は早期治療が好ましいとも言われています。




さて私達の体内で分泌が行われているヒト成長ホルモンですが、年齢ごとでその分泌量が大きく変わってきます。



成長期である子供時代は特に分泌が多く、身長の伸びなどに貢献しているのです。



10代後半ごろから成長期が終りますが、その頃からヒト成長ホルモンの分泌量は減少していきます。



40代にさしかかるとその分泌量はピーク時の半分になるとも言われているのです。



10代後半から分泌量が少なくなる訳ですが、その頃から次第に老化が始まるのだそうです。



20代ごろから子供の頃のような活発さや体のみずみずしさが感じられなくなってくるのがわかるはずです。



それが老化現象という訳ですね。




先述したとおり、低身長などといった医療現場での治療に活用されていたヒト成長ホルモンですが、最近ではヒト成長ホルモンが持つ特性である若返りの効果に注目され美容業界でもヒト成長ホルモンの投与を行って施術を行うケースも増えています。



ただヒト成長ホルモンはサプリメント等のように手軽に利用できるものではないのでまだまだ注射の直接投与に関しては浸透していません。



ただ経口摂取できるタイプのものやサプリメントタイプのもの、湿布タイプなども最近では多く開発され、それらは注射投与よりも安価で行えるので、利用者も徐々に増えてきている様です。



アンチエイジングとしてのヒト成長ホルモンの注目度は大変高いので、これからも色々な商品が開発されていくのでしょう。



ますますヒト成長ホルモンを活用した市場は賑わっていきそうです。