加圧トレーニングのデメリットを考える

様々なよい効果を体にもたらしてくれる加圧トレーニングは、医療現場や美容業界でも注目されているトレーニングです。



ここでは様々な効果が期待できる加圧トレーニングのデメリットにあえて触れてみましょう。




加圧トレーニングは体に吹かなく出来るトレーニングではあるのですが、手や脚を締め付けて加圧してトレーニングを行う事から、この締め付け感を不快に思う方も多いようです。



また体に圧力をかけますので、その圧をコントロールしてもらわなければなりません。



つまり医師やインストラクターに指導してもらう必要があります。




また費用面でもデメリットがあるのです。



DVDや本等も多く発行されていますから、そちらを参考にすれば独学で行えますが、やはり多少のリスクはついて回ります。




通常のトレーニングは、自宅で何の器具も使わずに行えるものもたくさんありますが、加圧トレーニングは脚や手を締め付けるベルトが必要です。



ベルトは一度買ってしまえば、何度も購入する必要はありませんが、やはり何も使わないでするトレーニングとは違って初期費用はかかってしまいます。




この様に一人で出来る腹筋やストレッチとは違ってやはり多少の費用がかかり指導が必要になるのが加圧トレーニングです。



とはいえ、その差額分の効果はかなり期待できますので、一度トライしてみてはいかがでしょうか。