成長ホルモンの特性を知って筋肉トレ

激しい筋肉トレーニングを行う事で、筋肉が傷つきそれらを修復するために体が超回復の期間に入ります。



この時に脳下垂体から成長ホルモンが分泌され筋肉の修復に一役かってくれるのです。



この成長ホルモンは運動後15分程度で分泌されると言われています。




成長ホルモンには身長を伸ばす作用があるといわれていますが、そのほかにも様々な重要な役割を担っているのです。



傷ついた筋肉の修復にももちろん一役かっているのが成長ホルモンです。



成長ホルモンが分泌されることで、傷ついた筋肉の修復が行われていきます。



筋肉をつける為には、筋肉を傷つけ修復させることを繰り返す事だと先述しましたよね。



つまり成長ホルモンの分泌を促す事で、この繰り返しがより効率よく行われていく事になるのです。




成長ホルモンの分泌がうまくいかなければ、傷ついた筋肉を修復するという過程がうまく進みません。



つまり筋肉の成長が行われないという訳です。



ですから成長ホルモンをうまく分泌させることも、筋肉トレーニングには大事な事なのです。




成長ホルモンは運動の後にも多く分泌されますが、睡眠時にも分泌のピークがあるといわれています。



筋肉トレーニングでは休息をとる事も必要というのは、この成長ホルモンをより多く分泌させるという役割もあるのです。