筋肉増強剤を使って行うドーピング

筋肉増強剤と聞くとやはりダークなイメージを持ってしまいます。



オリンピック等の公式のスポーツでは禁止されているドーピングに使用されるものだからでしょうか。



ドーピング検査で反応が出てしまうとせっかく出たタイムや結果が無しになってしまうのですから、やはりダークなイメージがぬぐえません。



こういったイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。



ここでは筋肉増強剤について取り上げてみましょう。




一般人には名前は知っていてもあまりなじみのない筋肉増強剤ですが、アスリートには大変魅力のある筋肉増強剤。



いったいどんな魅力があるのでしょうか。



オリンピック等といった公式のスポーツ競技には必ずといっていいほど薬物使用の検査が行われます。



ひとたび検査にひっかかってしまうと、自分が出した記録がなくなるまでか、社会的に非難されてしまうのです。



それでも使用する選手は後を絶ちません。



それほどまでの危険を冒してえるものは何なのか気にありませんか。



アスリートにしかわからない魅力というものがあるのでしょうか。




まず筋肉増強剤の成分は何で出来ているのか、これをご存じない方も多いでしょう。



筋肉増強剤は男性ホルモンに酷似して人工的に合成して作られたステロイドが使用されています。



筋肉増強剤としてメジャーに活用されているのは、アナボリックステロイドでしょうか。



これは多くの筋肉増強剤に使用されている蛋白同化ステロイドです。



ステロイドといえば、よくアトピー等の皮膚炎の治療にも使われているものですよね。



ステロイドには複数の種類があり、筋肉増強剤のステロイドとアナボリックステロイドは別のものです。



しらない内に、筋肉増強剤使ってた!なんて事はないので安心してくださいね。



ちなみに皮膚炎等の治療に使われているステロイドは副腎質ホルモンの一つ糖質コルチコイドです。




筋肉増強剤には様々なタイプのものがあり、注射で投与するものから経口摂取するもの等があります。



また種類も大変豊富で医薬品からサプリメント等様々なものがあり、手軽に手に入るものもたくさんあります。



筋肉増強剤はその名のとおり筋肉を急激に発達させる効果があります。



この効果だけでスポーツ選手は危険を犯してまで筋肉増強剤を欲するのでしょうか。



実は筋肉増強剤には他にも様々な効果があるといわれています。



精神的にも攻撃的になり興奮状態になります。



また筋肉の疲労回復を早めたり痛みに対する耐久性を強めたりする効果もあります。



自分との戦いでもあり常に高い記録を更新し保持するアスリートにはもってこいの薬物ともいえるでしょう。




もちろんスポーツ界ではこのドーピング行為は禁止されています。



それでも筋肉増強剤を使用するアスリートはたくさんいるのです。



手軽に手に入り、手軽に能力アップできるのですからつい手を出してしまう気持ちもわからなくはありません。



ただ筋肉増強剤は限界以上の力を出す効果があるものです。



身体への負担はかなり大きいものとなります。



副作用も多く、中には命の危険にまでかかわるものもあるのです。



リスクが大きくスポーツで言うところのフェアではないドーピング行為が禁止になるのもわかります。




筋肉増強剤は本当に使用していいものなのか、ここで一度よく考えてもらえると幸いです。



知っているようで知らなかった筋肉増強剤についての知識を蓄え安易に使用してトレーニングを行わない様に注意しましょう。



最近では様々なシーンで手に入れる事が出来る筋肉増強剤ですが、乱用するとどうなるのか危険を知った上で判断していかなければなりません。



自分の身は自分で管理するものなのです。