成長ホルモンの特性を生かして筋肉増強

筋肉を作りたい人にとって、筋肉増強剤は大変魅力に感じてしまう様です。



確かに筋肉増強剤は劇的に筋肉を作る事に効果がありますが、活用するとかなりのリスクを背負うようになります。



副作用の強い筋肉増強剤を使わなくても、効果的に筋肉をつける事は可能なのです。



まず筋肉を作る為には、より多くの成長ホルモンを分泌させる必要があります。



筋肉トレーニングに熟知している方は、この成長ホルモンの分泌が大切であるという事を知っているかと思います。




成長ホルモンとは、脳下垂体から分泌されるホルモンで私たちの身体で大変重要な役割を担っているものです。



筋肉を作る為には、まず筋肉を傷つけ修復させる必要があると先述しました。



この筋肉を修復させる際に成長ホルモンが活躍するのです。



成長ホルモンの分泌は睡眠時や食後、運動の後に特に多く分泌される仕組みになっています。



まずこの仕組みをよく把握して、より多く成長ホルモンの分泌を促す様にする事が大事です。




また成長ホルモンの分泌を促す栄養を摂取するのも大変効果的です。



成長ホルモンの分泌を促す栄養としてよく知られているのはやはりアルギニンとオルニチンでしょう。



成長ホルモンは成長期を過ぎるとその分泌が減少してしまいます。



その為成人になったスポーツ選手達は、直接成長ホルモンを投与する手段をとる方もいる様ですが、これはドーピングの対象になってしまう様です。