身長を伸ばす成長ホルモン

成長ホルモンの分泌で私達の体内では様々な作用をもたらします。



また成長期である子供時代にはより多くの成長ホルモンが分泌され、新著運帯に貢献しています。



成長ホルモンは子供にも大人にも重要な役割を体内で担っているのです。



ここでh成長ホルモンがいかに身長の伸びにかかわりがあるのかを取り上げていきたいと思います。




成長ホルモンが分泌される事で、私達の体内で骨を成長させ身長を伸ばす役割を担ってくれています。



その重要な役割を持つ成長ホルモンはどこから分泌されているのか皆さんご存知でしょうか。



成長ホルモンは脳下垂体から分泌され血液にのって私達の体内にいきわたります。



そこで身長の伸びだけではなく様々な細胞に作用し色々な役割を担っているのです。



特に成長期の子供時代には、身長の伸びに大きく貢献しています。



成長ホルモンと聞くと、成長期の子供時代にしか分泌されないと思っている方もいらっしゃるでしょうが、成長期により多く分泌されるだけであって、大人になっても分泌は少なくなるものの分泌は行われています。



成長ホルモンは身長の伸びだけに作用しているものではないのです。




成長期が終っても確かに成長ホルモンの分泌はありますが、その量はかなり減少しています。



その為身長の劇的な伸びは成長期である子供時代にしか期待できないのです。



もちろん成長期が終っても身長の伸びが見られるケースも多くありますが、一般的に劇的な身長の伸びを見せるのは成長ホルモンがより多く分泌されている子供時代といわれています。



その時期に成長ホルモンをより多く分泌させる様に生活習慣を見直す事で、さらに身長の伸びを期待する事が出来ます。




ただこういった見直しをしても、成長ホルモンの分泌不全等が原因で身長の伸びが見られないといったケースもあります。



こういった成長期で身長の伸びがあるはずン時期に伸びが見られず平均の数値と著しく違いがある際には、様々な検査を行い低身長と診断されるケースもあります。



成長ホルモンの分泌不全が原因の低身長では、早期に発見し治療を行う事で、かなり低身長の症状が改善されます。



身長の伸びには確かに個人差があるものですが、こういった病気が隠れているケースもあるので、子供時代の身長の伸びには、周囲の大人が気を使って見守る必要があります。




身長は体重などとは違って、大人になっても伸びが見られるものではありません。



体重管理も確かに大変ではありますが、数値を上げたり下げたりする事は可能です。



身長は自分が努力しても、大人になればさほど伸びは見られなくなってしまうものです。



成長ホルモンの分泌が多い、成長期こそが身長を伸ばす最大のチャンスなのです。




身長でコンプレックスを感じる人が多くなったのも、最近の平均身長の数値がアップしているという事もあります。



またメディアなどを賑わせる有名人の影響もあるのでしょう。



モデルの着ている服を格好良く着たいと考え、自分の身長の低さに嘆くといった方をよく見かけます。



また身長はどうやっても自分の思い通りに伸びを見せないものです。



それが、余計にコンプレックスを感じさせる要因なのかもしれません。




身長の伸びに関しては大人になってから努力しても、その努力が実る事は殆どありません。



自分の子供が大人になって身長に関して悩む所は見たくないものですよね。



成長ホルモンをより多く分泌させる為には、良質な睡眠、栄養バランスのとれた食事、運動などの生活習慣を見直す事で、かなり期待する事が可能です。



子供時代には自分で生活習慣を正す事は難しいので、周囲の大人が気を配ってあげたいものですね。