年齢ごとの成長ホルモンの分泌

成長ホルモンの分泌がもっとも多いといわれているのは思春期に差し掛かった10代後半と言われています。



この年齢を過ぎてしまうと成長期が終わり成長ホルモンの分泌は次第に減少していくのです。



この成長期の間に劇的に身長が伸びるのも、この成長ホルモンの分泌が大きく関係しています。




もちろん成長期の年齢を過ぎて身長が伸びるという方もいらっしゃいますが、一般的には成長期が終わると共に成長ホルモンの分泌が減少し、次第に身長の伸びが見られなくなります。



この様な事を考慮すると、思春期の時期こそが身長を野バス最後のチャンスといえる訳です。




ただ思春期に成長ホルモンの分泌が多いとはいえ、必ずしも劇的な身長の伸びが期待できるとは限りません。



というのも、この思春期の時期には、精巣や卵巣から性ホルモンが多く分泌され大人の女性や男性に変化するように身体が変わっていくからです。



この性ホルモンは身長の伸びといった成長を抑制させてしまう経口にあるので、タイミングが悪いと身長の伸びがあまりないまま、この思春期の時期の成長期が終わってしまう事にもなりかねないのです。




この様な事を考えると、性ホルモンの分泌がさかんになる前、つまり子供時代に少しでも身長の伸びを促していきたい所です。



成長ホルモンをより多く分泌させる為には、正しい生活習慣を身につける事が大事です。



子供時代には自分で日常生活の管理をするのは難しいものです。



周囲の大人が注意して、正しい生活習慣を身につけてあげたいですね。