ストレスで分泌が抑制される成長ホルモン

成長ホルモンの分泌を促す為には、睡眠や食事、運動が大切だと先述してきました。



成長ホルモンの分泌を促すものがあるのと同時に妨げるものもあります。



ここでは成長ホルモンの分泌を妨げる事柄について色々と取り上げてみましょう。




成長ホルモンの分泌を妨げるものはやはり睡眠不足や必要な栄養が十分に摂取できない環境、運動不足があげられます。



このほかにも成長ホルモンの分泌を妨げるものがあるのをご存知でしょうか。



実はストレスが成長ホルモンの分泌を妨げることがわかっています。




ストレスを大きく感じる事で。



成長ホルモンお分泌がよく際されてしまうのです。



またストレスを感じる事で、良質の睡眠がとれなくなったり、食欲がなくなったりと様々なことに悪影響が出てしまい、ますます成長ホルモンの分泌が減少してしまいます。



ストレスは成長を妨げてしまう大敵なのです。




ストレスといえば、大人が感じるものと思う方も多いでしょうが最近では子供も大きなストレスを抱えていることがあるのです。



勉強や学校での人間関係等、様々な事でストレスを感じて抱え込んでいる子供は多いのです。



また両親の離婚などで感じるストレス等、様々なストレスが子供にもあります。



このストレスで、愛情遮断性低身長という病気にも繋がる事もあるのです。




子供のストレス管理は大人が気を配ってあげる必要があります。



成長期を迎えているお子さんには出来るだけストレスフリーな環境を作ってあげたいですね。