成長期と身長の伸びについて

一人一人違うのが子供の成長というものです。




幼稚園から小学校までの身長と、中学校や高校生での成長の伸びは大きく変わるのです。



小学校でクラスの一番後ろだったのに、中学を卒業するころは一番前になっていると言うのはよく聞く話なのです。



もちろん、それだけではなくずっと小さいままの子もいますし、ずっと背が高い子もいます。



ようするに個人でばらばらなのです。



いわゆる「成長期」とは思春期からの3,4年のことを言います。



実際にこの時期に身長の伸びが大きくなります。



10センチ、20センチは当たり前で、30センチ以上も伸びる子供もいるのです。




早めに身長が高くなり、その後伸び悩んでしまう子供の場合は思春期が早く訪れ、成長期も早かったものと考えられます。



いずれにしても成長期は子供の身長は伸びます。



成長期以前であれば身長が低くても心配する必要はないのです。



小学生の身長のことを相談してもあまり意味がありません。



「心配する必要はありません」と言われてお終いなのです。



このようなことを考慮しても、著しく小さいと感じたら「低身長」の可能性を疑いましょう。



周りの子供との身長差が広がっていく場合などです。



その場合には医師の診断を仰ぐことがいいと考えられます。