低身長の治療方法

一口に低身長と言ってもその原因は様々です。



一般的に知られている治療法は成長ホルモンの注射による治療です。



しかし、原因が違えば治療法は異なってくるのです。



成長ホルモンが万能ではないのです。



成長ホルモンの治療が効果的である原因は次のようなものです。



成長ホルモンの分泌不全、染色体異常によるターナー症候群およびプラダー・ウィリー症候群、慢性腎不全、軟骨異栄養症(骨系統の疾患です)、SGA性低身長症(出生時から身長体重が小さく、それが2,3歳になっても改善されないものです)などです。



思春期遅発症と思春期早発症も、子供の低身長症において考慮しておかなければなりません。



思春期遅発症と早発症はその名の通りです。



遅発症は普通の子供よりも思春期が遅れる症状です。



遅くても思春期になれば通常の成長となりますから、通常は治療を必要としません。



早発症は思春期が早すぎるものですから、成長も早く終わってしまうのです。



小さいころは平均より大きかったのにいつの間にか周りより小さくなってしまうのです。




この思春期早発症の原因として腫瘍の場合もあり、治療は困難となります。



しかし、症状がわかりやすいため親が注意しておけば早期発見が可能です。



第二次性徴が極端に早く始まるからです。



早期の治療であれば対応もやりやすくなるのです。